ファイルやフォルダーを長押しするとアイコンが浮かび上がる。指を離さずにそのまま別の場所にドラッグ・アンド・ドロップできる(赤い枠は筆者が付けた)

iPhoneの「ファイル」で複数のクラウドストレージを横断して使うコツ