クラウドストレージにファイルやフォルダーを保存しておくと、居場所や使う端末に影響されずに、インターネットを介してアクセスしたり、複数のユーザーで閲覧・編集できたりと、とても便利だ。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneやiPadなどのiOS端末には「ファイル」と呼ばれる標準アプリが搭載されている。起動すると米アップル(Apple)が提供するクラウドストレージ「iCloud Drive」が表示される。だがiCloud Drive専用というわけではなく、他社のクラウドストレージのほとんどがこのファイルアプリから利用できる。「Dropbox」から「OneDrive」にファイルをコピーするといった、クラウドストレージをまたぐ操作もファイルアプリを使えば簡単だ。

 今回は、ファイルアプリで複数のクラウドストレージを利用する方法と、ファイル操作のコツを紹介しよう。

各ストレージ用アプリはあらかじめインストール

 まず自分が使いたいクラウドストレージの専用アプリをあらかじめiPhoneにインストールしておこう。ただし、最終的にはファイルアプリだけで利用できるので、それらの専用アプリは直接使わずに済むようになる。

使いたいクラウドストレージ用のアプリは、あらかじめiPhoneにインストールしておく
[画像のクリックで拡大表示]

 次にファイルアプリを起動し、右下にある「ブラウズ」タブをタップすると「ブラウズ」画面が表示される。画面の右上にある「編集」をタップすると「場所」に、ファイルの保存場所として使えるストレージやアプリが表示される。使いたいものをオンにしよう。右の3本線を長押しするとスライドして順序も入れ替えられる。

「ファイル」の「ブラウズ」画面で、使いたいクラウドストレージをオンする(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドストレージの専用アプリがインストールされていなければ、「場所」には表示されない。もちろん各専用アプリを削除すると「場所」からも消えてしまうので注意しよう。

 ファイルアプリに慣れてしまえばそれぞれのクラウドストレージ専用アプリは、ユーザー認証のタイミングでしか使わないので、ホーム画面でフォルダーにまとめてしまっても構わない。これで準備完了だ。