イベントの編集画面の「場所」に正確な住所を入力しておくと、利用できるようになる機能がいくつかある(赤枠は筆者が付けた)

iPhoneのカレンダーで遅刻をなくす方法