イベントの「場所」に具体的な住所を登録すると詳細画面に周辺のマップが表示される。タップすると「マップ」アプリでさらに詳しく確認したり、経路を検索したりできるので便利

iPhoneのカレンダーで遅刻をなくす方法