iPhoneのマイクが捉えた音をAirPodsで聞く

 最後にiOS 12から使えるようになったコントロールセンターの裏ワザを紹介しよう。新たに追加された「聴覚サポート」コントロールでは「ライブリスニング」が利用できる。iPhoneのマイクが捉えた音をイヤホンで再生する機能で、音量を上げればかなり小さな音も聞き取れる。iPhoneとAirPodsが補聴器のように使えるわけだ。周囲が騒がしい場所で会話を聞き取る際に重宝する。iPhoneはAirPodsのそばになくてもよく、Bluetoothの電波の届く範囲にあればよい。

 まずは「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」とタップして表示された画面で、「聴覚サポート」をコントロールセンターに追加しておこう。

 コントロールセンターを呼び出して「聴覚サポート」をタップ。表示された画面で「ライブリスニング」をタップすればよい。画面を切り替えてもライブリスニングは有効だ。

 ライブリスニングの音声はモノラル。ステレオマイク搭載機種のiPhone XS Maxでも試してみたが、残念ながらステレオにはならなかった。

耳のアイコンが描かれているのが「聴覚サポート」コントロール。タップして表示された画面で「ライブストリーミング」をタップしよう(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
コントロールセンターに「聴覚サポート」がない場合は「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」とタップして表示された画面で追加しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 AirPodsは、iPhoneユーザーが選んで間違いない完全ワイヤレスイヤホンだが、無くしやすいのが最大の弱点。冬はマフラーやネックウオーマーに引っ掛けて落としてしまうことが多いので、注意して使おう。なお、紛失したAirPodsがiPhoneなどのアップル製デバイスのそばにありBluetoothで接続している状態なら、iCloudの「iPhone を探す」で見つけられる可能性がある。