電話をかけてきた相手を読み上げてもらう

 AirPodsで音楽を聴いているときに電話が着信すると、音楽がフェードアウトし着信音が鳴る。着信を受けるにはAirPodsをダブルタップすればそのまま通話できる。このときiPhoneの画面をタップして着信を受けても、AirPodsでの通話になる。これは実はすごいことで、一般的なBluetoothイヤホンでは、iPhoneの画面で着信を受けるとイヤホンを使わずにiPhoneで通話しなければならない場合が多いのだ。

 iPhoneには着信した電話の発信相手を声で読み上げる機能がある。あらかじめ設定しておくと、AirPods使用中に電話をかけてきた相手をiPhoneの画面で確認する手間が省ける場合がある。

 これには「電話」設定画面の「音声で知らせる」を「ヘッドフォンのみ」に設定しよう。「常に知らせる」は、iPhoneのスピーカーからも読み上げられるので、使い方には注意が必要だ。

 相手を「連絡先」に登録している場合はその名前、それ以外は電話番号が読み上げられる。よく電話する相手は連絡先に登録しておくのが「音声で知らせる」をうまく使うコツだ。筆者が日常的に使っている中では、電話番号の読み上げは役に立たないと感じている。

「設定」→「電話」とタップするとこの画面になる。「音声で知らせる」を「ヘッドフォンのみ」にしておくと、着信した相手を読み上げてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
「連絡先」に登録されている相手は名前で読み上げるので分かりやすい。登録されていない相手は電話番号になる
[画像のクリックで拡大表示]