ダブルタップで曲をスキップする

 AirPodsで再生中の曲をスキップして次の曲を聴くには、いくつかの方法がある。最も一般的なのはiPhoneの画面で「送る」ボタンをタップする方法。しかしiPhoneを簡単に取り出せないときには少し面倒だ。

 AirPodsをダブルタップして音声アシスタント「Siri」を呼び出し、「スキップ」または「次の曲」と声で指示する方法もある。これだとiPhoneを操作せずに済むが、声を出すのが難しい場所では使いづらい。

 そんなときにお勧めなのが、AirPodsのダブルタップ操作にスキップを割り当てる方法だ。AirPodsを接続した状態で「Bluetooth」設定画面のAirPodsの右側にある「i」をタップすると、AirPodsの設定画面が表示される。

「設定」→「Bluetooth」とタップするとこの画面になる。AirPodsの右側に表示されている「i」をタップするとAirPodsの設定画面が表示される。AirPodsが接続されている状態で行う(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 「AIRPODをダブルタップ」項目は、デフォルトで「Siri」になっている。「左」「右」のどちらかに「次のトラック」を割り当てれば、AirPodsをダブルタップするだけで再生中の曲をスキップできるようになる。

 「次のトラック」のほかには「再生/一時停止」「前のトラック」も割り当てられる。個人的には「Siri」を左右のどちらかに残しておきたいが、右でスキップ、左で戻るという設定もよいかもしれない。

 この設定は他のアップル製端末に接続を切り替えても引き継がれる。

AirPodsの右側をダブルタップするとスキップするように「次のトラック」を割り当てたところ。「再生/一時停止」「前のトラック」なども設定可能(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]