最近、AirPodsを使っている人をよく見かけるようになった。「新し物好き」ではない人たちにも浸透してきたようだ。ふと耳にした近所の小学生の会話でも完全ワイヤレスイヤホンを話題にし、AirPodsのことを「スパイみたいなイヤホン」と言っていた。

 AirPodsは米アップル(Apple)が2016年12月に発売し、2年経過した今でも現役の人気商品だ。今回は、AirPodsを快適に使う3つのテクニックと、スパイみたいに使える裏ワザを紹介しよう。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

バッテリー残量をウィジェットで確認

 AirPodsは1回の充電で5時間再生でき、ケースで充電すると24時間使えるといわれている。購入直後に筆者が試したところ、本体だけで約5時間の連続再生、ケースで約4回充電できた。24時間使えるのは間違いない。

 ケースに入れておけば充電できるのはとても便利なのだが、うっかりしているとケースのバッテリー残量もゼロになっていて、本体を充電できないことがある。AirPods本体だけでなくケースのバッテリー残量も確認しておこう。

 AirPodsの本体やケースのバッテリー残量はiPhoneのウィジェットを使うと簡単に確認できる。ウィジェット画面を表示するには、画面の上から下にスワイプして通知画面を表示し、その画面を右にスワイプする。またはホーム画面の1ページ目を右にスワイプすればよい。

 バッテリー残量は「バッテリー」ウィジェットに表示される。「バッテリー」ウィジェットが表示されていない場合は、ウィジェット画面の最下部にある「編集」をタップして表示される「ウィジェットを追加」画面で追加しておこう。

「バッテリー」ウィジェットを表示するとAirPods本体およびケースのバッテリー残量を簡単に確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーウィジェットが表示されていない場合は、「ウィジェットを追加」画面で追加しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリー残量はBluetoothを使ってiPhoneに読み取られている。ケースにはBluetoothは搭載されていないので、ケースのバッテリー残量はAirPods本体(片方でもよい)を中に入れた状態で蓋を開けなければ測定できない。