iPhone標準のWebブラウザー「Safari」。iPhoneでWebサイトを閲覧するのに不可欠なアプリだ。iPhoneのSafariが使いにくいと嘆いていた友人に、筆者が普段使っている小ワザを教えたところ「裏ワザ?」と驚かれた。そう言われてみると、Safariの画面を見ただけでは分からない機能も多い。今回は、その中から覚えておくと便利なものを7つ紹介する。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

【裏ワザ1】アドレスフィールドを長押しする

 一番のお勧めはこれ。Safariの上部にありURLなどが表示される「アドレスフィールド」を長押ししてみよう。「コピー」「ペーストして検索」という吹き出しが表示されるはず。「コピー」をタップすると、現在表示しているWebページのURLをコピーできる。このワザを知らないと、アドレスフィールドをタップしてURLを表示し、そのURLを長押しして「すべてを選択」をタップ、さらに「コピー」をタップ、とURLをコピーするまでかなりの手間だ。

 「ペーストして検索」をタップすると、事前にコピーしておいた文字列ですぐに検索可能だ。このワザも知らないと手間がかかることは想像できるだろう。「ペーストして検索」の部分は、事前にコピーした情報によって異なるものが表示される。例えばURLならば「ペーストして開く」になる。なお、事前に文字列をコピーしていないときは、アドレスフィールドを長押しすると「ペーストして検索」は表示されず、「コピー」のみの表示となる。

Safariのアドレスフィールドを長押しすると「コピー」「ペーストして検索」が使える。事前にコピーしておいた文字列を一発で検索できる「ペーストして検索」は特に便利
[画像のクリックで拡大表示]

【裏ワザ2】リンクを長押しする

 Webページ内のリンクをタップするとリンク先のWebページを表示するが、長押しすると画面下部にメニューが表示される。このうち筆者がよく使っているのが「バックグラウンドで開く」だ。リンク先のWebページを新しいタブとしてバックグラウンドで開くので、現在表示しているページはそのまま残る。現在のページを読み終えてから、気になるリンク先を読むといった使い方ができる。パソコンのWebブラウザーに備わる、リンク先をタブで開く機能と同じ感覚で利用できて便利だ。

 もしメニューに「バックグラウンドで開く」ではなく「新規タブで開く」と表示される場合は「設定」→「Safari」→「リンクを開く」とタップして表示された画面で変更できる。自分の使い勝手の良いほうにしておこう。

リンクを長押しすると表示されるメニュー。このうち「バックグラウンドで開く」は、リンク先を新しいタブでバックグラウンドで開く。後から読みたいリンクを開いておける
[画像のクリックで拡大表示]

【裏ワザ3】「戻る」「進む」ボタンを長押し

 Safariの画面下部にある「戻る」ボタン(<)と「進む」ボタン(>)は、長押しに対応している。特に便利なのは「戻る」ボタンの長押し。普通にタップすると1つ前のページを表示するだけだが、長押しするとそのタブで開いたページの履歴が表示されるので、一気に戻ることができる。

 画面下部の「ブックマーク」から表示する「履歴」はSafari全体の履歴なのに対して、「戻る」ボタンの長押しで表示される「履歴」は、そのタブで開いたページの履歴である点がポイント。両方の違いを知って使い分けると、さらに便利だ。

画面下部の「戻る」ボタン(<)は通常のタップでは、1つ前のページの戻るだけだが、長押しするとこれまでの履歴を表示できる。一気に戻りたい場合に便利だ
[画像のクリックで拡大表示]