iOS 12には、iOS端末の使用状況を記録して統計情報として表示する「スクリーンタイム」という機能が搭載されている。自分がiPhoneを日々どのような用途で、どれだけの時間使っているかを客観的に把握し、場合によっては時間制限を課すこともできる。うまく使えば、iPhoneに浪費している時間を見つけて取り戻せるかもしれない。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただしスクリーンタイムは独立したアプリとして搭載されているものではなく、「設定」画面から呼び出して確認しなければならないため、使いにくいと思われる向きもいるようだ。

 今回は、簡単に呼び出す方法や基本的な使い方、子供を不適切な情報から守るフィルタリング機能として使う方法を紹介しよう。

最大7日間のアプリ使用状況が分かる

 スクリーンタイムの統計情報は「設定」→「スクリーンタイム」とタップすると表示される。初めて利用する場合は、この画面でオンにしておこう。

「設定」→「スクリーンタイム」とタップして表示される画面。トップのグラフは今日の現時点までの使用時間の内訳だ。タップすると時間ごとの詳細内訳が表示される(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 スクリーンタイム画面のトップにあるグラフをタップして、詳細な情報を見てみよう。

 集計の期間は「今日」と「過去7日」の2種類だけ。最長でも7日間分のデータしか見られない。現時点ではバックアップと復元の対象にもなっていないようで、7日間の間に端末を変更したりリセットして復元したりした場合は、何もないところから記録が始まる。物足りないと感じるかもしれないが、これだけでも最近の使用状況を把握するには十分。細かく見ていくと直近の使用状況を様々な角度から確認できるものになっている。

 画面のトップに表示されている棒グラフを見て、まずは使用傾向を確認してみよう。1日を通しての傾向を詳細に確認できるのは「今日」だけだ。それよりも前の日は、1日ごとでまとめた情報になる。

「今日」または「過去7日」画面のトップに表示される棒グラフで全体の傾向をつかめる。その下に表示される「よく使われたもの」で、長時間使っているアプリの順位を確認しよう
[画像のクリックで拡大表示]