iPhoneには、押し方の変化に伴って操作内容を変えられる「3D Touch」や「Haptic Touch」という機能がある。通常よりも少ない手順で操作が可能になるので、作業の効率アップにつながる。ただ、どのように操作が変わったのか画面からは読み取りにくいため、iPhoneを長く使っていても知らない人は多い。しかし覚えておくとiPhoneがもっと便利に使えるのは確実だ。

 今回は、3D TouchとHaptic Touchについて解説するとともに、これらによってiPhoneの作業を効率化する方法を紹介しよう。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

3D TouchとHaptic Touchは使える機種が違う

 まずは3D TouchとHaptic Touchがどのような機能なのかを見ていこう。

 3D Touchは、画面を押し込む強さを感知し、普通に(弱めに)押した場合と強めに押した場合で操作内容を変える。画面に圧力センサーが搭載されたiPhone 6sではじめて登場した機能だ。以降、iPhone SEとiPhone XRを除くiPhoneで利用できるようになっている。3D Touchが使える機種では、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」とタップして表示された画面に「3D Touch」という項目がある。これがなければ3D Touchには対応していないと分かる。

3D Touchに対応したモデルでは「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」とタップして表示された画面に「3D Touch」という項目がある(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 3D Touchに対応している場合は、画面を強めに押すとコツンという反応が返ってきて、画面にサブメニューなどが表示される。このコツンという反応は、振動によって押し込んだ感触を疑似的に作り出す「Taptic Engine」という仕組みで実現しているものだ。

 iPhone XRには圧力センサーが搭載されていないのだが、Taptic Engineは搭載しており、画面を長押しするとコツンという反応が返ってくる場合がある。これがHaptic Touchだ。iPhone SEやiPadではコツンという反応はないが、Haptic Touchと同様に長押しで操作を変えられる場合が多い。

 なお、3D Touchには、押した強さを細かく感知し、強さに応じて異なる動作になる機能もある。アップルの用語では、通常よりも強く押し込む操作を「Peek」、さらに強く押し込む操作を「Pop」と呼んでいる。これらについては、後で便利な使い方を紹介する。