これまでの読書履歴が一目でわかる

 購入した本は「ライブラリ」タブに表示されている。これまでの「iBooks」や一般的な電子書籍リーダーなどの「本棚」の機能に近い。面白いのは複数巻で構成される本は、それらが重ねられた「スタック」形式で表示される点。しかも、スタックをタップすると購入していないほかの巻まで格納されている。

 意地悪く考えると、あわよくばユーザーにほかの巻を買わせようとしているとも取れなくはないが、読みたいと思ったときに続きを買いやすいことは間違いない。

 Apple Booksの「ライブラリ」が、これまでの「本棚」と異なるのは「コレクション」という機能。画面の上部から呼び出せる。あらかじめ「読みたい」「読書済み」「ダウンロード済み」といったコレクションが作成されているが、「新規コレクション」からオリジナルのコレクションを作成できる。

 パソコンの「iTunes」やiPhoneの「ミュージック」アプリで、好きな曲を集めてリストにする「プレイリスト」機能を使っていれば、本のプレイリストのようなものと考えるとわかりやすいだろう。

「ライブラリ」タブは、購入した本が表示されるいわゆるアプリの「本棚」のような場所だが、上部の「コレクション」がApple Booksの面白い点だ
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者が面白いと感じたのは、あらかじめ用意されている「読書済み」というコレクション。これをタップすると、これまでに読んだ本が、読み終わった日付と共に時系列で表示されるところだ。一種の履歴機能ではあるのだが、SNSのタイムラインのように下にスクロールすると、以前自分がどんな本を読んだのか、読んだ時期と併せて遡って見ていけるのは面白い。iBooks時代に読んだ本も含めて表示されるので、以前からのiBooksユーザーは数年前まで遡れるはず。

「コレクション」にあらかじめ設定されている「読書済み」を表示すると自分がこれまでに読んだ本がタイムライン表示されるのが面白く、ここに本を連ねたいという欲求にかられる
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者はこの「読書済み」コレクションの存在を知ったときに、このタイムラインにこれから自分が読む本を連ねていきたいと思った。だから購入する本を今後はKindleストアではなく、Apple Booksに変更してもよいかなとちょっと考えたが、残念ながらまだ惜しいと感じる点がある。筆者は「Kindle Unlimited」の定額読み放題サービスを利用しており、それをやめようとは今のところ思っていない。そうなると購入した本もKindleの本棚にあったほうが都合が良い。

 アップルのサービスにも定額読み放題が登場して、そこで読んだ本もApple Booksの「読書済み」のコレクションに入ってくれるなら喜んで移行したい。

 またApple Booksはアップル製端末でしか利用できないため、このままでは他社の端末しか持っていないユーザーを獲得しにくいのが気になる。筆者のようなアップル製端末を好んで使っているユーザーでも、自分が使っていこうと考える電子書籍ストアは品ぞろえが豊富で、この先も安定して存続してほしいという思いがある。そのためにもApple Booksの利用者は増えてほしいのだ。