購入から本を開くまでがスムーズ

 「iBooks」では、本を購入するとアプリの本棚にダウンロードされて、読む際はその本棚の本をタップして開くという流れになっていた。この辺りはKindleの電子書籍リーダーでも同様だ。

 「Apple Books」ではこれが見直され、本を購入したりサンプルをダウンロードしたりした次の画面で、すぐにその本が読めるようになった。地味な改良のようだが、読みたいという気持ちが途切れず読書に移行できる点は使ってみるとよくできていると感じる。

購入した次の画面にある「読む」をタップすると、すぐにリーダー画面になり本を読める。いちいちアプリの「本棚」画面から本を選ばずに済むのは快適
[画像のクリックで拡大表示]

 また本の紹介画面は1冊の本が1画面で構成され、左右のスワイプで関連書籍を見ていける。大きく表示される表紙を楽しみながら、本を選ぶこともできるわけだ。

 この画面は購入に使うだけでなく、「…」ボタンをタップすると、「今すぐ読む」タブの「読みたい」などの「コレクション」に追加できる。また「ラブ」「好きじゃない」をタップすることでApple Booksのレコメンドに自分の好みを反映するためにも使える。

本の紹介画面の右下にある「…」をタップした画面から「ラブ」や「好きじゃない」をタップすると、Apple Booksのレコメンドに反映される
[画像のクリックで拡大表示]