「ベッドタイム」で就寝中に通知を表示しない

 iOS 12よりおやすみモードに「ベッドタイム」というオプションが追加された。これはおやすみモードの時間指定を行うと画面に表示される項目だ。

 通常のおやすみモードでは、通知があっても画面が点灯したりサウンドが鳴ったりはしなくなるが、ロック画面には通知が表示されている。例えば就寝中に目が覚めて時刻を確認するためにiPhoneを手に取ると、時刻だけでなく通知も目に入ることになる。その通知が気になって、ついiPhoneを操作してしまう場合もあるだろう。

 「ベッドタイム」をオンにしておくと、おやすみモードで通知時に画面が点灯したりサウンドが鳴ったりしなくなるだけではなく、ロック画面にも通知が一切表示されなくなる。画面も通常のおやすみモードよりも暗くなり、夜間に時刻を確認してもまぶしくない。

おやすみモードを時間指定すると「ベッドタイム」という項目が現れる。これをオンにするとおやすみモードのロック画面に一切通知が表示されなくなる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
「ベッドタイム中のおやすみモード」の画面。ロック画面に通知が表示されず、通常のおやすみモードよりも暗い画面になる
[画像のクリックで拡大表示]

 おやすみモードの間に受けた通知は、通知センターに表示されているので、目が覚めてからゆっくり確認すればよいのだ。

 「ベッドタイム」はよく考えられており、時間指定でおやすみモードがオンになったときにのみ働き、手動でオンにしたおやすみモードには影響しない。

 また、よく筆者が受ける質問だが、おやすみモードの状態でもアラームは鳴る。朝、出かける前の忙しい時間が含まれるようにおやすみモードの時間帯を設定しておき、それよりも早くアラームを設定して目覚めることは可能だ。

 おやすみモードと通知の設定をうまくカスタマイズして、iPhoneに煩わされない生活を取り戻そう。