おやすみモードをオンにして作業に集中

 iOS 12ではおやすみモードも進化している。iOSに初めて搭載されたときには、主に就寝時に通知をしない用途として登場したため、日本語では「おやすみモード」という名前で実装された。元の英語では「Do Not Disturb Mode」という名前なので、「邪魔をしないでモード」のほうが本来の意味に近いのかもしれない。iOS 12ではこれまで以上に様々な場面で使いやすくなった。

 筆者は就寝時だけではなく、集中して作業したいときにおやすみモードをオンにして、iPhoneの通知で気が散らないようにして使っていた。しかしそのあとオフにするのを忘れて、重要な通知を見逃すということが何度かあった。iOS 12ではおやすみモードを自動で解除するように設定できる。

 おやすみモードの設定には、「コントロールセンター」の「おやすみモード」アイコンを利用する。通常のタップではオン・オフしかできないが、強めに押すと続いて画面が表示される(「3D Touch」に対応していない機種では長押しする)。ここで「1時間で」「今日の夜まで」「この場所から出発するまで」といった形で、おやすみモードを終了するタイミングを設定できる。

おやすみモードをオンにしている間は、通知が行われなくなる。就寝中だけでなく作業に集中したいときにも便利。「コントロールセンター」から簡単にオン・オフできる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 「カレンダー」に登録したイベントの時間帯に上記の画面を表示すると「このイベントが終了するまで」という設定も可能だ。会議中などの通知をオフにするだけでなく、おやすみモードを任意の時間にオフにしたい場合にも利用できる。

コントロールセンターの「おやすみモード」アイコンを長押しして表示される画面で、おやすみモードが終了するタイミングを設定してオンにできる
[画像のクリックで拡大表示]