Eメールを使っていると迷惑メールを受信してしまうのは、ある程度仕方がない。そう思っていても、迷惑メールフィルターをすり抜けるメールが増えてくると業務の妨げになる。

 今回はiPhoneでできる迷惑メール対策を紹介する。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

受信メールを「迷惑メール」フォルダーに移動

 まずはiPhone単体でできる対策から。iPhoneやiPadに標準搭載されている「メール」アプリには、それほど強固なフィルタリング機能は備わっていない。だが、特定のメールアドレスから送信されたメールを目に付かなくすることはできる。

 まずメールアプリで受信した迷惑メールを選択し、画面下部の「マーク」をタップすると表示される画面で「“迷惑メール”に移動」をタップすればよい。これでそのメールは「迷惑メール」フォルダーに移動し、以後その送信元からのメールは自動的に迷惑メールフォルダーに振り分けられることになる。つまりiPhoneには受信されるが、迷惑メールフォルダーを開かない限りは目に付かなくなる。

iPhoneの「メール」アプリで受信した迷惑メールを選択して「マーク」→「“迷惑メール”に移動」をタップすると、以後そのメールアドレスから送信されたメールを自動的に「迷惑メール」フォルダーに振り分けて目に付かないようにする
[画像のクリックで拡大表示]

 間違えて「迷惑メール」フォルダーに移動してしまったメールは、同じ手順で「受信」フォルダーに戻せば取り消せる。以後、その送信元からのメールは「迷惑メール」フォルダーに振り分けられることもない。

 ただしメールのタイトルや内容、キーワードからアルゴリズムで判別しているわけではないようなので、メールアドレスを変えて送信される最近の迷惑メールには有効とは言えないかもしれない。

「iCloudメール」なら自動フィルタリングが使える

 根本的に対処するには利用しているメールアドレスごとに、メールサービス側の迷惑メールフィルターで検出アルゴリズムの強度を上げたり、受信拒否するメールアドレスやドメイン名などを手動で登録したり、といった対策を取らなければならないことは覚えておこう。

 ただし、アップルがアップル製端末ユーザー向けに無料で提供している「iCloudメール」には、「iCloud自動迷惑メールフィルタリング」という機能が搭載されている。これは、トレンド分析や動的リストなどの技術を用いて、受信ボックスに届く前に迷惑メールを自動的に検出しブロックする機能だ。

 アップルのサポートによると、ユーザーが迷惑メールと判断したメールを上記の手順で迷惑メールフォルダーに移動すると「iCloud自動迷惑メールフィルタリング」の学習の手助けになるとのことだ。詳細は明らかにされていないが、iCloudメールを利用しているなら積極的に「“迷惑メール”に移動」機能を使うとよいだろう。

iCloudメールはパソコンのWebブラウザーでアクセスした「iCloud.com」とも連動している。iCloud.comの画面右上に表示されている「フラグ」から、受信したメールを「迷惑メール」フォルダーに移動できる。こうすると「iCloud自動迷惑メールフィルタリング」機能の強化につながるとのこと
[画像のクリックで拡大表示]