アップル製端末を快適に使うために不可欠な存在がApple IDだ。真っ先に思いつくのはiPhoneやiPadでアプリをダウンロードする際、ストアにサインインするために使うこと。実際にはそれだけでなく、端末を紛失したときに位置情報を使って見つける「iPhoneを探す」機能や、端末間で写真を手軽に送り合う「AirDrop」機能などを利用する際にも、ユーザーの認証にApple IDとそのパスワードが用いられている。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple IDはユーザー認証の性格を持ち合わせていることもあり、ユーザーはアップルの全てのサービスを1組のApple IDとパスワードで利用することが推奨されている。そのため万一不正使用された場合は被害が大きくなる可能性がある。

 今回は、Apple IDとパスワードが悪意のある第三者に知られたり、推測されたりした場合にも不正使用を食い止める「2ファクタ認証」を紹介しよう。

2つの要素でユーザーを強固に守る

 アップルの2ファクタ認証は、Apple IDの認証にパスワードと「確認コード」という2つの要素を使用することでセキュリティを強化し、仮にパスワードが他人に漏れても本人以外はアカウントにアクセスできないようにする方式だ。安全性を高めるためにApple IDは、2ファクタ認証での利用をお勧めしたい。ちなみに、「ファクタ」とは「要素」のこと。2ファクタ認証とは一般には2要素認証とも呼ばれるが、ここではアップルの呼び方を使うことにする。

 2ファクタ認証を有効にしたApple IDでのサインインには「パスワード」と別途端末に送信される6桁の「確認コード」が必要になる。Apple IDとパスワードだけではサインインできなくなるため、セキュリティが向上する。

「2ファクタ認証」を有効にしたApple IDでのサインインには「パスワード」のほかに6桁の「確認コード」が必要。確認コードは毎回変更される。図はWebブラウザーで「iCloud.com」にサインインする例
[画像のクリックで拡大表示]

 最新のiOSやmacOSでは、Apple IDを入力した際に2ファクタ認証が無効になっていると、有効にするように促される。そのため多くのユーザーはすでに2ファクタ認証を使用している可能性は高い。