現在のiOS 11環境をパソコンのiTunesにバックアップ

 パブリックベータは誰でも試せるとはいえ、あくまで開発中のバージョンだ。現在利用しているアプリや機能、端末自体が正常に動作しなくなるといった不具合の可能性が残っている。試用は自己責任で行ってほしい。できれば普段使っていない端末で試すのが望ましい。またパブリックベータをインストールする前に、元の状態に戻せるようにバックアップは必須だ。万全に行っておこう。

 iOS 11に戻す際に「リカバリーモード」からの復元が必須になるため、バックアップにはそれが可能なパソコンの「iTunes」アプリを使う。また、復元時はアップルのサーバーからダウンロードされたiOS 11の最新版が適用される。なんらかの事情があってiOS 11を最新版にしたくない場合は、残念ながらパブリックベータのインストールは諦めるべきだ。

 バックアップは端末をケーブルでパソコンに接続し、iTunesの画面から行う。バックアップの画面でバックアップ先に「このコンピューター」を選択し、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックしておこう。バックアップを暗号化しないとアプリに入力したパスワードや、Wi-Fiに接続する際のパスワードなどが保存されない。「今すぐバックアップ」をクリックしてしばらく待てばバックアップ完了だ。

端末をiOS 11の最新版にアップデートし、パソコンのiTunesにバックアップを取っておく。バックアップ先として「このコンピューター」をチェックし、さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックしておこう。
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 バックアップ終了後に環境設定で「デバイス」タブを開き、バックアップが実行されていることを確認しておこう。Mac版のiTunesの場合、右クリックで表示されたメニューから「アーカイブ」を選択する。これによってバックアップの上書きを防ぐことができる。

 Windows版にはこの機能がないので、バックアップするには手動で別の場所にコピーする必要がある。バックアップのある場所は、「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」だ。

バックアップの上書きを防ぐためにWindows版のiTunesの場合はバックアップファイルを別の場所にコピーしておく
[画像のクリックで拡大表示]