2018年秋の正式リリースが予定されているiOS 12。iPhone 5sやiPad mini 2といった古い端末にも対応し、インストールするだけでiOS 11よりも快適に動くようにチューンアップされているという。

(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ミー文字」という機能も楽しそうだ。自分の顔に似たキャラクターを作成して、純正の無料ビデオ通話アプリ「FaceTime」の中で使える。ビデオ通話を今まで以上に気軽に使えるようになると期待している。そのほか、筆者が注目しているのは、端末の使用時間を細かく把握し視覚化することでスマートフォン依存症対策になるという新機能「スクリーンタイム」や、アップデートされた「おやすみモード」と「通知」機能だ。

端末の使用時間を把握し可視化する「スクリーンタイム」。スマートフォン依存症対策としても期待されるiOS 12の新機能
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]
端末内に自分のアバターを作り、「メッセージ」アプリや無料ビデオ通話アプリの「FaceTime」などで使える「ミー文字」。自分の表情がリアルタイムに反映される
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの機能をいち早く試すのに持ってこいなのが、「パブリックベータ」と呼ばれる開発中のバージョンだ。

 開発者向けに提供されているベータ版を使うにはデベロッパープログラムに登録する必要がある(年額1万1800円)。これに対してパブリックベータは、ユーザーからフィードバックを集めて品質を向上することを目的としており、対応機種を持っている人なら誰でも無料で試せる。今回はアップルの「Apple Beta Software Program」に参加し、パブリックベータでiOS 12を体験する方法を紹介しよう。