iCloudのWebサイトでメールを使いこなす

 iCloudメールは専用のメールアプリでeメールとして使えるが、パソコンのWebブラウザーで「iCloud.com」にアクセスし、Webメールとして利用することもできる。メールアプリとWebメールを併用すると様々な機能が利用できるようになる。WebメールなのでもちろんWindowsパソコンでも構わない。

 パソコンでeメールを利用する際、受信したメールをフォルダーに振り分けているユーザーは多いはずだ。ところが、iPhoneのメールアプリではフォルダーを作成できない。iCloudメールのWebメール版を使えば「フォルダ」をタップして新規フォルダーを作成でき、iPhoneのメールアプリにもすぐに反映される。フォルダーは入れ子にすることも可能だ。

パソコンのWebブラウザーで「iCloud.com」(https://www.icloud.com)にアクセスしてWebアプリ版「メール」を使ってみよう。「フォルダ」をクリックすると新規フォルダーを作成できる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneの「メール」アプリにも「iCloud.com」で作成したフォルダーが現れる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 ルールを作成して受信したメールを自動でフォルダーに振り分けるように設定することもできる。これにはWebアプリ版の「メール」画面の左下にある歯車のアイコンをクリックして表示されたポップアップから「ルール」をクリックしよう。受信したメールの送信元アドレスを判別して指定のフォルダーに移動するほか、ほかのメールアドレスに転送するといったルールも簡単に設定できる。

受信したメールの送信元アドレスをキーにして指定したフォルダーに振り分けするルールを設定している
[画像のクリックで拡大表示]