iPhoneユーザーなら既に「iCloud」はご存知だろう。アップルがiPhone、iPad、Macなどアップル製端末ユーザー向けに無料で提供しているクラウドサービスだ。ユーザーにひも付く「Apple ID」と呼ばれるアカウントを取得して利用する。

(写真:伊藤 朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 iCloudには様々なサービスが用意されており、ユーザーが設定画面で自由にオン・オフできるのだが、それぞれのサービスで何ができるのか分かりにくい面もあるだろう。「よく分からないので使うのをためらってしまう」とオフにしている人もいるのではないだろうか? iCloudのサービスには意外と知られていない便利で役立つものが数多くある。今回は手始めにiCloud設定画面のトップにある「写真」機能を深掘りしていきたい。

バックアップに使えるフォトライブラリ、ストレージの追加購入は必須

 iCloud設定画面で設定をオンにするだけで、なんとなく使える機能は多い。ここで「写真」をタップするとさらに画面が開き、いくつかの設定項目がある。これらの意味を把握すると、写真関連の役立つ機能がいろいろ使えるようになる。それぞれの設定の意味を詳しく見ていこう。

iPhoneでiCloudにサインインすると、設定画面でそれぞれのサービスをオン・オフできる。今回は「写真」を取り上げる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 「iCloudフォトライブラリ」は比較的新しい機能だ。オンにするとiPhoneで撮影した写真とムービーが全てオリジナルのままiCloud上にアップロードされるようになる。アップロードのタイミングは、iPhoneをWi-Fiネットワークに接続したときだ。iPhoneにはオリジナルの写真を残すか、最適化した(許容範囲内で画質を落としてサイズを縮小した)写真を保存しておくかを選択できる。

「写真」の設定画面。一番上にある「iCloudフォトライブラリ」はiPhone内の写真とムービーを全てiCloud上にアップロードする機能だが、その分iCloud ストレージを消費する
[画像のクリックで拡大表示]

 後者を選択すると、写真が消費するiPhoneのストレージ容量を減らすことができる。写真でiPhoneが容量不足になっているユーザーにはうれしい機能だ。もちろんiPhoneに空きがあれば、いつでもiCloudから同期してオリジナルの写真に置き換えられる。iPhoneの容量を気にしたり、写真のバックアップに悩んだりしなくて済む。

 ただし、そううまい話ばかりでもない。iCloudフォトライブラリとしてiCloudにアップロードされる写真は、iCloud ストレージの容量を消費するため、無料の5GBではあっという間にいっぱいになってしまう。

 iCloudフォトライブラリをオンにする前に、iPhoneの「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」とタップして表示される画面で「写真」の容量を確認してみよう。表示されている容量がiCloudにアップロードされるわけだ。iCloudフォトライブラリを活用するにはiCloudのストレージプランをアップグレードしなければならないだろう。ちなみに現時点(2018年3月30日)では50GBで月額130円、200GBなら月額400円、さらに月額1300円の2TBのプランもある(全て税込み)。200GBと2TBのプランは、家族と共有できるので場合によってはお得だ。

 iCloudフォトライブラリは、iCloudを有料のプランにアップグレードしても構わない人にはお薦めしたい機能だが、そうでなければオフにしておき、別の管理方法を検討したほうがよいだろう。