閉じる

戸田覚のIT辛口研究所

戸田 覚=ビジネス書作家
日経 xTECH

目次

  • 100均や純正と何が違う?ワコムの最新スタイラスペン「Bamboo Ink」

     ワコムから新しいスタイラスペンが登場した。主にWindows向けとして人気を博してきた「Bamboo Ink」の新モデルだ。

  • iPhoneの「ライバル」、最新Galaxy S10を買って分かった強烈な進化

     僕個人は、毎年夏にAndroidスマートフォンを買い替え、秋にiPhoneを買い替えている。毎年買っているのだが、そこは仕事柄ということでご理解いただきたい。普通に使うなら、2~3年に1度でも十分だ。

  • ファーウェイ製PC「MateBook 13」を使ったらちょっと恥ずかしくなった

     中国ファーウェイ(華為技術)と言えば、スマホで有名だが、PCにも結構力が入っている。日本では、主にモバイルノートを展開している。その中から今回は、2019年3月に発売した「MateBook 13」を詳しくレビューしていく。

  • アマゾンの5980円タブレット「Fire 7」は安かろう悪かろうなのか

     米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)が独自にリリースした「Fireタブレット」シリーズは超安価。今回取り上げるのは、新モデルになった「Fire 7(第9世代)」。5980円からという激安タブレットだ。

  • iPadより使いやすいかも、富士通の電子ペーパー「QUADERNO」

     アナログとデジタルが融合した手書きノートは、これまで数え切れないほど登場している。仕組みは様々で、紙のノートの下にセンサーを仕込んで専用のペンで書くものや、今回紹介する電子ペーパーの他、iPad+Apple Pencilのように直接ディスプレーに書くものも多数出てきている。

  • 注目のガラケー代替機、40代以上にお薦めのGalaxy A30を使ってみた

     今回紹介する韓国サムスン電子の「Galaxy A30」は、UQモバイルだと税込み3万1644円で購入できる。KDDIの「auオンラインショップ」だと税込み4万3200円だ。この価格にして有機ELを採用し、おサイフケータイまで搭載するというのだから驚くばかりだ。

  • 元祖「狭額縁」、最新ノートPCのデルXPS 13を辛口レビュー

     米デルのノートPC「XPS」は、大きく13インチの「XPS 13」と15インチの「XPS15」に分けられる。XPS 13にはいくつかのモデルがあって分かりにくいのだが、今回レビューするのは「New XPS 13(9380)」と呼ばれるモデルだ。

  • 価格が2倍以上に上がった全天球カメラ「THETA Z1」の進化とは

     全天球カメラは、360度の写真や動画を手軽に撮影できる。スマートフォンのカメラでは撮れない楽しい写真や動画を撮影できるので、個人的にもかなり関心があり、数モデルを使っている。様々なメーカーから出ており、その中で老舗モデルとして知られているのはリコーの「THETA(シータ)」だ。

  • 新iPad miniにすっかり「はまってしまった」理由

     2019年4月に新iPad miniを購入して本格的に使い始めたのだが、すっかりはまってしまった。今回は、何にはまってしまったのかを述べたい。

  • 待望のThinkPad X390、試してみたが「何か」が違う

     2019年3月に登場した「ThinkPad X390」は、12インチクラスのボディーに13.3インチの液晶を詰め込んだ待望の製品だ。X280の後継モデルとなる。

  • 読みづらいKindle新モデル、買うなら2018年に出たPaperwhite

     電子書籍リーダーについては、Kindleが定番になった感が強い。他のメーカーからもいろいろ出ているのだが、個人的にはKindleしか買う気になれない。アマゾンでの買い物をよくするので、たまったポイントを電子書籍の購入に充てられるからだ。

  • フルモデルチェンジなのに「既視感」、VAIO S15の隠れた魅力

     PCは最近、発売後1〜2年は本体デザインを変えないモデルが多い。そんな状況の中、例年より多い新モデルを投入しているVAIOが、A4ノートの「VAIO S15」をフルモデルチェンジした。デザインも一新した新しいS15のどこが魅力なのかを、チェックしていく。

  • 待ちわびた新iPad miniを辛口レビュー

     米アップルの「iPad mini」に新モデルが登場した。名前はシンプルに「iPad mini」で、既存モデルと区別しにくいのだが、iPad mini(第5世代)だと考えればいいだろう。

  • 誰向けなのか、スマートディスプレーのLenovo Smart Tab

     今回レビューするのは中国レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」である。「スマートディスプレーにもなるタブレット」というのが売り文句の製品だ。

  • なぜビジネス向け?アンカーのモバイルバッテリーPowerCore+

     周辺機器メーカーとして知名度が上がっている中国のアンカーだが、今も矢継ぎ早に新製品を投入している。今回は、そんな製品の中からビジネス向けと銘打たれたモバイルバッテリー「PowerCore+ 19000 PD」をレビューする。

  • 万人向けではないのが魅力、Androidデバイス「Gemini PDA」

     英プラネットコンピューターズ(Planet Computers)の「Gemini PDA」は、2018年に発表されたキーボード搭載Androidデバイスだ。日本は12月に最初の販売代理店がついて、家電量販店などで購入できるようになった。

  • 驚きの17インチモバイル、新型LG gramを辛口チェック

     韓国LGエレクトロニクスのノートPC「LG gram」に、驚きの新モデル「17Z990 シリーズ(以下、17インチモデル)」が登場した。なんと、ディスプレーが17インチで1.34キロという軽量、大画面のモバイルノートPCだ。

  • iPhone XS Maxを5カ月使って分かったこと

     新しいiPhoneが発売されて約5カ月が経過した。iPhone XS/XS Maxが発売されたのは2018年9月。iPhone XRが発売されたのは翌10月である。

  • 僕がモバイルノートのUSB Type-Cにこだわる理由

     モバイルノートを購入する際の重要な選択基準の1つは、バッテリー駆動時間だ。これはモバイルノート登場以来、ずっと変わらなかった。ところが最近ちょっと様相が変わってきた。モバイルノートのUSB Power Deliveryへの対応が進み、手軽に充電できる環境が整ってきているのだ。

  • またしてもThinkPad X1 Carbonを買ってしまった理由

     僕がメインで使っているモバイルノートは、パナソニックの「Let's note SZ5」である。だが最近、ちょっと物足りなくなってきた。性能は文句なしなのだが、SSDが256Gバイトで少し窮屈になってきたのだ。また、生体認証機能が搭載されていないのが物足りない。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る