僕個人は、毎年夏にAndroidスマートフォンを買い替え、秋にiPhoneを買い替えている。つまり毎年スマホを購入しているわけだが、そこは仕事柄ということでご理解いただきたい。普通に使うなら、2~3年に1度でも十分だ。

 2019年の夏は、「HUAWEI P30 Pro」か「Galaxy S10+」のどちらかを購入しようと思っていた。ところがHUAWEI P30 Proは、事前予約が停止したままで買えない。そこでGalaxy S10+を買おうとしたのだが、とある理由で再検討した結果、結局S10+より画面が小さい「Galaxy S10」を買うことになった。

 そこで今回は、Galaxy S10を購入するまでのいきさつと買い方、そして10日間使った感想をまとめて紹介していこう。

入手したGalaxy S10
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

サイズの差が少なくGalaxy S10を選ぶ

 個人的には、遠視気味なこともあって、スマホのサイズは大きな方が好ましいと思っている。そもそも、フリック入力をしない。いや、できないので片手で使うつもりがない。そのため多少大きくても見やすく、キーボードも大きな方がうれしいのだ。そんなわけで、iPhone 7 PlusからiPhone Xに買い替えたときには画面表示の小ささに悶絶(もんぜつ)した。

 今回はNTTドコモがHUAWEI P30 Proの事前予約を停止したのを受けて、Galaxy S10+を買おうと思っていた。ところが仕事のレビューでGalaxy S10+とGalaxy S10を両方借りた結果、そのサイズの差があまりないことに気が付き、どちらにしようか悩むことになった。

 Galaxy S10は6.1インチ、Galaxy S10+は6.4インチと、対角線の距離で0.3インチしか違わない。つまり、7.6ミリ程度しか違わないのだ。さすがに画面が大きな方が好ましいといえども、あまり気にならない違いだ。

 他にある差と言えば、Galaxy S10+はインカメラがデュアルでバッテリー容量が大きく、放熱に優れているくらい。それでいて価格は、Galaxy S10が8万9424円(税込み)、Galaxy S10+が10万1088円(税込み)と見逃せないほど違う。

 しかも、Galaxy S10+でプリズムホワイトを選ぼうと思ったら、同色は東京オリンピック限定モデルの「Galaxy S10+(Olympic Games Edition)」にしかないという。かつ価格は11万4696円(税込み)とさらに高くなり、19年7月下旬まで買えないことが分かった。

 Galaxy S10+のプリズムホワイトと東京オリンピック限定モデルの差は、本体にロゴが入ることと、ワイヤレスイヤホンが同梱(どうこん)されることだ。かつワイヤレスイヤホンは、プリズムホワイトを選んでもキャンペーンで無料入手できる。「ロゴだけで1万3000円高くなるのか」と感じてしまい、Galaxy S10+を買う気がうせてしまった。

 ということで、手ごろな価格で画面もそれなりに大きなGalaxy S10を選択したわけだ。もちろんカラーは、プリズムホワイトだ。

プリズムホワイトが欲しかったので、Galaxy S10+は見送った
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら