アナログとデジタルが融合した手書きノートは、これまで数え切れないほど登場している。仕組みは様々で、紙のノートの下にセンサーを仕込んで専用のペンで書くものや、ペン自体にセンサーが付いていて情報を記録するタイプなどがある。今回紹介する電子ペーパーや、iPad+Apple Pencilのように直接ディスプレーに書くものも多数出てきている。

 僕はデジタルの手書きが大好きだが、こうした製品はさほどヒットしたとは言えない。iPad+Apple Pencilという組み合わせはよく見かけるが、他の製品を実際に使っている人には出会ったことがない。Surface Proを専用のペンで使っている人さえ、見かけないのが実情だ。

 とはいえ僕のように、デジタル系のガジェットが好きで手書きも好きだという人は、結構いるのではないだろうか。もしそうであれば、今は手書きもデータとして保存できるようになっているので、仕事の記録に従来の紙とペンを使うのは卒業すべきだと思う。

 そこで今回は、富士通クライアントコンピューティングの電子ペーパー端末「QUADERNO(クアデルノ)」をレビューする。ソニーがリリースしている電子ペーパー端末のODM製品だ。基本的に、ソニーは法人向けなので、個人で買うなら選択肢はクアデルノになる。ピンチ操作による縮小拡大に対応し、スケジュールテンプレートの扱いが異なるなど、ソフトウエアではクアデルノの方が優れている部分も少なからずある。

今回レビューするのは、A5サイズ(直販サイトで税込み5万9800円)だが、A4サイズ(同8万800円)もリリースしている
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
背面はすっきりとしたデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら