今回は、米デル(Dell)のノートPC「XPS 13」最新モデルをレビューする。

 デルのノートPC「XPS」は、大きく13インチの「XPS 13」と15インチの「XPS 15」に分けられる。XPS 13には幾つかのモデルがあって分かりにくいのだが、今回レビューするのは「New XPS 13(9380)」と呼ばれるモデルだ。

 そもそもXPSは、“フレームレス”という形で狭額縁を打ち出した元祖である。新XPS 13も狭額縁で非常にコンパクトだが、初代モデルが登場した頃とはちょっと状況が違っている。今や狭額縁は当たり前になり、多くの製品が追随しているのだ。果たして最新のXPS 13は、狭額縁の元祖たる魅力を発揮できているのか。詳しくチェックしていく。

コンパクトで美しいボディーのデル「XPS」
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
狭額縁はXPSが元祖と言えるくらい象徴的な部分だ
[画像のクリックで拡大表示]

コンパクトだが、軽いとは言えない

 冒頭で書いたように狭額縁モデルなので、本体はかなりコンパクトである。試しに、手元にあった12.1インチのパナソニック「レッツノートSZ」と比べてみたが、底面はちょっと横に長い程度だ。厚さは7.8~11.6ミリと、非常にスリムだ。

XPS 13をレッツノートSZと比べると微妙に大きな程度。厚みはレッツノートSZのほうがある
[画像のクリックで拡大表示]
重ねてみるとレッツノートSZのほうが少しコンパクトだと分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 小さなWebカメラを新たに開発して、上部に仕込んでいる。これによって、ビデオチャットの際に下から顔が映るのを防げる点は素晴らしい。

小さなWebカメラを画面上部に仕込んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

 重量は1.23キロ。これはカタログ値だが、キッチンスケールによる計測でもほぼ同様だった。恐らく、4Kタッチ対応モデルなどだと若干重くなるのだろう。コンパクトではあるが、最近は700~800グラム台の13.3インチノートが増えているので軽くはない。もちろん、1.23キロでは持ち歩くのが無理だと言うつもりは無い。一昔前までは、このくらいの重量のPCを持ち歩くのは当たり前だった。

 ただ十分持ち歩けるとは言え、横並びで比較すると、さすがに1キロは切ってほしいと思うユーザーが多いだろう。手にするとコンパクトなだけに、より重く感じてしまう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら