2019年4月に新iPad miniを購入して本格的に使い始めたのだが、すっかりはまってしまった。そこで今回は、何にどうはまってしまったのかを述べてみたい。

サクサク動作して気持ちがいい

 まず今回のiPad miniは、かなり出来がいい。搭載プロセッサーである「A12 Bionic」の威力が絶大だった。レスポンスが非常に良く、テキパキと使えて快適過ぎる。それ以前から使っていた11インチiPad Proは、新iPad miniよりやや性能が上なのだが、体感上は少しも負けていない。この小さなボディーでサクサクと動作するのは気持ちがいい。

 僕は日常的に、iPad miniとApple Pencilを使って手書きメモを作る。手書きは処理が重く、処理性能の高低を体感しやすいのだが、新iPad miniは手書きで使っても快適だ。しかもApple Pencilの精度が高いので、小さな文字でも問題無く書ける。高性能なので、サッと取りだしてすぐにアプリを起動してメモを取れるのだ。この感覚がとても良く、すぐさま気に入ってしまい、毎日のように使うようになった。まさにぴったりはまっている。

購入した新iPad mini。カラーはスペースグレーを選択した
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
サイズは小さいが快適に手書きができる
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はWi-Fi+Cellularモデルを選択した。Wi-Fiモデルに比べて割高だが、それと引き換えにどこでもすぐに通信を始められる便利さを手に入れられる。僕はiPadはもちろん、モバイルノートPCなども予算が許すならCellularモデル(またはLTE搭載モデル)を選択したほうがよいと考えている。

 SIMも手に入れた。加入しているインターネットイニシアティブのMVNOサービス「IIJmio ファミリーシェアプラン」のSIMを足した。このサービスは最大10枚のSIMを発行してもらうことが可能だが、今回はその8枚目だった。

MVNOのSIMを1枚追加した
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら