今回は、フルモデルチェンジを遂げたNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Note Mobile」を紹介しよう。

 最近は、PCが発売されてから次のモデルが出るまでの期間が延びてきている。本体デザインも変更するフルモデルチェンジは、2年以空けるケースが大半だ。だがLAVIE Note Mobileは、初登場した2017年から、3年連続で本体デザインを変更してきた。かなり力の入っているモデルなのだ。

 この製品は学生向けとされているが、完成度の高さを目の当たりにすると戦慄さえ覚える。もしかしたら、モバイルノートのあり方を大きく変える可能性があると考えている。ビジネスパーソンも必見だと思うので、詳しくレビューしていきたい。

 気になる価格は、量販店などで販売されるモデルの場合、上位モデルが15万2000円程度、下位モデルが11万9000円程度となっている。前モデルは上位機種が12万円程度、下位モデルが8万5000円程度まで価格が下がったので、徐々にそのあたりまで値下がりしていくのだろう(上記価格はいずれも税込み)。

 ここまで安くできたのは、ボディーが樹脂だからだ。もちろん、マグネシウムやカーボンに比べると質感はよろしくない。しかし学生向きなら十分だろう。ビジネス向けとして利用する際も、黒のモデルなら安っぽさはない。

 それにしても、驚くほどの安さではないか。安いけれどもいまいち使えないPCもあるが、LAVIE Note Mobileの新モデルはどうだろうか。早速見ていこう。

新登場のLAVIE Note Mobile
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら