今回は、台湾エイスース(華碩電腦)の新型ノートPC「VivoBook S13」をレビューする。この機種には2種類のモデルがあり、CPUがCore i3のモデルは7万9500円、Core i5のモデルは9万9500円となっている(いずれも直販の場合、税別)。

 モバイルノートとしてはかなり安価だが、その割には出来がよいので高く評価したい。ただし、それなりに我慢すべき点もあるので、そこを踏まえて詳しくレビューしていく。

 この機種で特徴的なのはデザインで、今はやりの狭額縁スタイルを採用している。しかも、ディスプレー下部の縁も狭いので、全体が非常にコンパクトにできている。見た目からして、ディスプレーがかなり大きく感じるだろう。

 僕が普段使っているパナソニックの「レッツノートSZ」と比べてみたが、やはりVivoBook S13の方がコンパクトだった。しかもVivoBook S13は、13.3インチ液晶なのだ。レッツノートSZは12.1インチなので、狭額縁モデルの省スペース性の高さがよく分かる。

新登場のVivoBook S13をレビューする
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
上に載せたレッツノートSZと比べるとボリューム感がかなり違う
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーの縁はかなり細く、見た目にもスタイリッシュだ。ただ、重大な欠点がある。Webカメラの内蔵を諦めているのだ。日本ではビデオチャットをする人がさほどいないので、Webカメラが無くても大きな影響はない。

 僕は、Webカメラを搭載しないモデルがあってもいいと思う。僕自身もほぼ使わないのだ。ただ、知らずに買ってしまうと痛い目に遭うので、注意してほしい。どうしてもWebカメラを使いたいなら、外付けの製品を装着することになる。

天板は樹脂製だが、シンプルなカラーで安っぽくはない
[画像のクリックで拡大表示]
狭額縁が素晴らしい。Webカメラは搭載していない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら