iPhoneの新モデルが、3シリーズ発表された。今回はその中から、iPhone XSを詳しくレビューしていく。なお、iPhone XS Maxとも共通の部分もあるので先日掲載したiPhone XS Maxのレビューも併せて読んでいただけると幸いだ。

 これから新たにiPhoneを買うなら、全面ディスプレーの新シリーズ、つまりiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRを推奨したい。安価なモデルとしてiPhone 7やiPhone 8も併売されているが、いかにもデザインが古い。しかもPlusではないiPhone 7とiPhone 8のディスプレーは、1334×750ドットと解像度が低い。これから新製品を買うのに、これほど低い解像度のスマホを買うのは、どう見てもお薦めできない。

 iPhone XSは、新シリーズの中で最小のモデルとなるので、少しでもコンパクトな製品を探している人向けだ。

 では、早速デザインからチェックしていこう。

新登場のiPhone XSはiPhone Xのマイナーチェンジモデル
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
背面はガラスで非常に美しいデザインだ
[画像のクリックで拡大表示]
高級な外箱に入っている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら