今回は、MacBook Proの13インチモデルをレビューする。この夏(2018年夏)新モデルが登場したのだが、大きなポイントは性能アップ、キーボードの更新などだ。見た目には変化がないので、マイナーチェンジと考えるのが妥当だろう。

 実は、僕はMacBook Proの13インチモデルを手に入れたくて、いつもつい購入しそうになっては思いとどまっている。今回はそんな理由も含めて紹介していこう。また、Windows PCの代表選手として、ThinkPad X1 Carbon(2017モデル)とも少々比較していく。

 変わっていないとはいえ、このボディーは非常に魅力的なので、まずはそのポイントを細かくチェックしていこう。

新登場のMacBook Proはマイナーチェンジだ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

魅力の尽きないボディー

 今さら、アルミ製のパソコンは珍しくも何ともないのだが、MacBook Proは何度見てもほれぼれするすごさがある。微に入り細に入りチェックしていくと、欲しくてたまらなくなる魅力があるのだ。

 まずは、その平滑な仕上げである。表面の緻密な仕上げとキレのある直線が素晴らしい。パームレストの横の角がしっかりと立っている。キーボード面の造形も素晴らしく、今回レビューする、濃いシルバーの「スペースグレイ」は、落ち着いた色合いで高級感がある。

 細かな部分でも、僕がすごいと思う点は書き切れないほどあるのだが、裏返してみるとよく分かる。底面のパーツをボディーと組み付けているのだが、その隙間が細く均一だ。アルミを切削したボディーは、マグネシウムや樹脂などに比べると精度の高い加工ができるが、それにしてもすごい。

 液晶パネルを閉じた状態で、目をつむって側面を触れてみると、さらに驚くはず。当然、液晶パネルと本体部分に段差があるわけだが、それが全く感じられないのだ。2つのパーツを完璧に同じサイズとして、さらにちょうつがい部分の精度を信じられないほど高くしなければ、こんな作りにはならないだろう。目視しないと単なる板にしか感じられない。

 例えば、ThinkPad X1 Carbonは、微妙に液晶側を大きく設計している。

アルミ製のボディーは何度見ても素敵だ
[画像のクリックで拡大表示]
底面の隙間をThinkPad X1 Carbonと比べてみると違いが明らか
[画像のクリックで拡大表示]
ボディー側面を手で触れると驚く。段差が全く感じられない
[画像のクリックで拡大表示]
ThinkPad X1 Carbonは、微妙に液晶パネル側を大きくしている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら