いよいよ9月12日、米アップルが新しいiPhoneを発表するようだ。

 僕は約1年、iPhone Xを使い続けている。そのデザインは今見ても素敵だと思うし、性能も素晴らしい。ほぼ満足しているのだが、いくつか欠点も見えてきた。どうしても我慢できないポイントも1つある。今回はそのあたりを、新モデルに期待する点として述べたいと思う。

文字の大きなモデルを期待

 さて、僕がiPhone Xを使い続けていて最も困って悶絶しているのが、文字の小ささだ。僕は、iPhone 7 Plusから買い換えた。iPhone 7 Plusのディスプレーは5.5インチだ。対してiPhone Xは5.8インチである。普通に考えると画面が広くなると思うだろう。

 ところが実際は、最近主流になっている細長いワイドタイプのディスプレーは、サイズの割に横幅が狭い。「本当に5.8インチなのか?」と思うレベルなのである。よって、ブラウザーやメールの文字が小さくて見づらいことこの上ない。設定で文字サイズを大きくすると、今度は表示文字数が減るので、あまり意味がない。

 今、手元に中国ファーウェイ(Huawei Technologies)のP20 Pro(6.1インチ)と、台湾エイスーステック・コンピュータ(ASUSTeK Computer)のZenFone 5(6.2インチ)があるが、この2台の方がブラウザーなどの文字がずいぶん見やすい。新iPhoneでは、ワイドタイプの6.5インチモデルが登場するようなので期待している。老眼が入ってきたご同輩にもお勧めだ。

 そろそろ、ディスプレーサイズを対角線の長さで言うのをやめるべきだと思う。細長いディスプレーほど、実面積よりも広く感じるからだ。また、これはアップルの責任ではないが、そろそろアプリの対応も進めてほしい。いまだに上下に黒枠が表示されるアプリは、開発をサボっているとしか思えない。

 ちなみに、iPhone Xが登場したときにノッチ(画面上部にある切り欠き)について色々言われたが、僕は全く気にならない。少しでもディスプレーは広い方がいいからだ。インカメラも飛び出すような方式では使うのが面倒だし、故障の原因になりかねない。

右のP20 Proの方が文字が大きくて見やすい。一方で画面の明るさは、両方最高輝度にするとiPhone Xの素晴らしさが目立つ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
右はZenFone 5。どちらもノッチが残っているが個人的には全く気にならない
[画像のクリックで拡大表示]
アプリがワイドディスプレーに対応していないと、ただ小さな画面のiPhoneになってしまう。これはもう残念すぎる
[画像のクリックで拡大表示]