ファーウェイ・ジャパンのスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」を購入しておよそ1カ月半が経過した。そこで今回は、この機種を詳しくレビューしていく。

 P20 Proは、上位モデルのスマートフォンとしては今シーズン最も注目を集めている製品だ。世界的にも大人気らしく、中国ファーウェイ・テクノロジーズが米アップルを抜いてシェア世界2位になった立役者だという。僕の読みでは、シェアでトップの韓国サムスン電子を抜く日も近いと思う。おそらく、数年後に上位モデルはアップルとファーウェイの戦いになっているのではないか。

 さて、このスマートフォンは本来なら購入後1カ月の時点でレビューする予定だったのだが、なぜか故障してしまい、その対応があったために使えない期間を除いてほぼ1カ月使ったことになる。P20 Proが故障しやすいと言うつもりはないし、僕の運が悪かっただけのことだ。この機種を購入したNTTドコモのショップの対応も問題はなかった。とはいえ、この故障によって見えてきたこともあったので、それもまとめておく。「壊れて気付いた!」では遅いからだ。

レビューするP20 Pro
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

ACアダプターが入っていないのはいかがなものか

 P20 Proは、下位モデルのP20およびP20 liteと同様にSIMロックフリーで登場することを期待していたのだが、蓋を開けたらNTTドコモからのみの発売となった。

 手元に届いてちょっとがっかりしたのが、パッケージに華がないことだ。iPhoneのような素敵だという印象がない。支払い総額は10万円クラスのモデルなのだから、もう少し頑張ってほしかった。

 透明のシリコン製ケースが標準で付属しているのは、ファーウェイのほかのモデルでも経験している。気に入ったケースを入手するまで使えるので、親切だと思う。USB Type-Cポートでイヤホンを使うための変換アダプターと、microSDカードリーダーも付いている。どちらも排除したポートがあることへの配慮である。さらにUSB Type-C接続のイヤホンも付属する。10万円クラスのモデルなのだから、そろそろワイヤレスのイヤホンを付けてもいいと思うのだが……。

 逆に付属しておらず気になったのは充電器。急速充電はファーウェイの独自規格なので、対応する充電器は標準付属にしてほしいところだ。NTTドコモの純正充電器を別売で買えばよいわけだが、さらに追加コストを要求するのはいただけない。

付属品とパッケージ。ちょっと華がないのが残念
[画像のクリックで拡大表示]
イヤホン端子を廃止したためのアダプターやmicroSDカードリーダーが付属する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら