出先で行き先を調べるのに、スマホの地図を使うのは今や当たり前だ。いろいろな人の使い方を見ていると、大半は「Google マップ」を利用している。もはや鉄板アプリと言えそうな勢いだ。ところが、あまり利用者を見かけないのだが、機能がどんどん充実している「Yahoo! MAP」も非常に使いやすい。そこで今回は、Yahoo! MAPの方がGoogle マップよりも優れていると思うポイントを独断と偏見で5つ紹介しよう。

コンビニもカフェも、周辺の店舗を探しやすい

 圧倒的に便利だと感じているのが、周辺の店の探しやすさだ。

 Yahoo! MAPでは、画面を下から上にスワイプするだけで、多くのカテゴリーがアイコンで表示される。ここをタップするだけでコンビニやカフェ、様々な店舗、公園や銀行などの施設を探せるのだ。Google マップでも「周辺のスポット」機能があるし、「付近の検索」機能を使えばコンビニや郵便局はタップで探せるのだが、Yahoo! MAPの使い勝手の良さと比較すると雲泥の差がある。移動中は荷物を持っていることもあり、片手でスマホを持ってワンタップで探せるのがとても快適なのだ。

近くの施設は地図を下から上にスワイプするとアイコンで選べる
[画像のクリックで拡大表示]
情報も分かりやすく表示する
[画像のクリックで拡大表示]
Google マップでは対応する施設の種類が少なすぎる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら