今回は中国ファーウェイの「HUAWEI P20」をレビューする。

 P20はシリーズ製品で、上位からP20 Pro、P20、P20 liteの3モデルがラインアップされている。P20 ProはNTTドコモだけが販売しており、他の2機種はSIMロックフリーモデルとして量販店などで販売している。市場想定売価はP20が6万9800円、P20 liteは3万1980円だ(いずれも税別)。P20 Proの価格は10万円を超えるが、NTTドコモ専売なので、一概には比較しづらい。

 3機種はデザインも似ておりややこしいが、P20はライカブランドのダブルレンズカメラを搭載する上位機で、P20 Proはトリプルレンズカメラの最上位機だと思えばよいだろう。

 とはいえ、カメラ性能だけではなく、本体サイズも実際の機種選びにおいては大きな違いになるだろう。P20 Proは6.1インチディスプレーの大画面モデルで、僕はこのサイズが好みだが、手の小さな方には大きすぎるかもしれない。P20は5.8インチと少しコンパクトで、P20 liteも5.84インチとほぼ同じ大きさだ。

 6インチクラスでは大きすぎると感じるユーザーにはお勧めのサイズだが、視力の弱い僕には、ちょっと文字が小さく感じる。最近のスマホは画面を細長くしてサイズを稼いでいるために横幅が細い。結果、Webブラウザーの文字などは、本体サイズほどは大きくなっていないのだ。

今回レビューするP20は、5.8インチの頃合いのサイズ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
左からiPhone X、P20、P20 Pro
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら