キングジムは、一風変わったアイデア商品をどんどん投入している。実は、初代テプラ(同社のラベルライター)が登場したときに、すぐさま単行本を書いたこともあるほどだ。昔からウオッチしている僕としては、もうあまり驚かなくなってしまった。

 今回もちょっと変わった商品が登場した。その名も「トレネ」。1字違いの製品としてソニー・インタラクティブエンタテインメントの「トルネ」があるが、全然違う製品である。ただしネーミングセンスは同じようだ。「取れねぇ」から命名しているのだろう。

荷物を守るセキュリティツール

 トレネは、今までにはない新しいタイプのセキュリティツールで、荷物を見守るために使う。トレネをモニターしていて、動いたらアラートを鳴らしてくれるのだ。パソコンや書類、鞄などの上に置いておくだけで持ち去りや不正使用を防止できるのが特徴だ。早速レビューしていこう。

 トレネのサイズは直径40ミリで、高さが29ミリとなかなかコンパクトだ。今まで見たこともない形なので、知らない人が見ると何をする機器か分からないだろう。

新登場のトレネはかわいい大きさの防犯センサーだ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
HUAWEI P9とサイズを比較してみた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら