NTTドコモは予告していた通り、2019年9月20日に開幕したラグビーワールドカップ2019日本大会(以下、ラグビーW杯)に合わせる形で、「5G(第5世代移動通信システム)」のプレサービスを開始した。その前後に実施された同社の取り組みから5Gに対する力の入れ具合を見て取ることができる。だが、5G時代の新しいサービスを見せようとするあまり、空回りしていると感じさせる部分もある。

NTTドコモは2019年9月20日に5Gのプレサービスを開始。2020年春の商用サービス開始まで、継続して5Gのネットワークを活用した取り組みを進めていくとしている。写真は同日に実施されたドコモ5Gプレサービス ローンチセレモニーより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

商用と同じ環境で提供される5Gプレサービス

 次世代通信規格の5Gに対する関心が高まりつつある中、2019年9月20日のラグビーW杯開幕を機として、NTTドコモが5Gのプレサービスを開始した。

 実証実験ではなく「プレサービス」と名乗る5Gのサービスとしては、ソフトバンクが2019年7月26日より開催された「FUJI ROCK FESTIVAL '19」と、2019年8月22日に開催されたバスケットボールの日本代表戦の2度にわたって実施している。だがこれらはいずれも試験用の周波数帯を用いたものであり、一般ユーザーに向けた内容とはいえ、中身は実証実験に近いものであった。

 だが今回NTTドコモが実施したのは、同社に割り当てられた商用の周波数帯を用いたサービスであり、プレサービスと言ってはいるものの、料金を取らないこと以外は商用サービスと同じ環境で提供されるものになるという。2020年春を予定している商用サービス開始までプレサービスを継続することから、他社よりも周到に準備を重ねてきた様子がうかがえる。

東京ゲームショウでは低遅延重視の5G試験環境を構築

 その一端を見て取ることができるのが、プレサービス開始前の2019年9月12日より実施された「東京ゲームショウ2019」である。NTTドコモは会場に自社ブースを構えて5Gの試験環境を構築し、5Gのネットワークを通じたeスポーツ大会を開くなどしてアピールしていた。

 ここで提供された5G環境は、プレサービスと同様の商用周波数帯を用いるのに加え、NTTドコモがサービス開始当初に導入するとされる「ノンスタンドアローン」仕様ではなく、「スタンドアローン」仕様だった。ノンスタンドアローンは4Gの設備の中に5Gの無線基地局を設置して5Gサービスを提供するのに対し、スタンドアローンでは5Gの設備のみで運用する。

 ネットワーク遅延を小さくする「低遅延」はオンラインゲームの操作に影響する。その実現にはスタンドアローン仕様が必須となる。それだけに、東京ゲームショウではあえて商用サービス開始時点とは異なるネットワークを構築し、5Gの実力をアピールする狙いがあったとみられる。

「東京ゲームショウ2019」のNTTドコモブースにて用意された5Gのネットワークは、商用と同じ周波数帯を用い、なおかつ低遅延を重視したスタンドアローンでの運用となっていた。写真は同会場にて2019年9月12日に筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら