ここ最近、ゲームに力を注ぐスマートフォンが増えている。市場停滞傾向の中にあって、「ゲーミング(ゲームをプレーすること)」関連の市場が伸びていることがその背景にあると考えられる。一方でスマートフォンならではの特性が、ゲーミングPC並みの盛り上がりを阻む要因にもなっている。

ハイエンドモデルで増えるゲームへの注力

 スマートフォンの人気コンテンツの1つとなって久しいゲーム。最近はゲームそのものだけでなく、ゲームプレーを支えるハードに関する注目も高まってきているようだ。

 2018年に台湾エイスーステック・コンピューター(ASUSTeK Computer、華碩電脳)がゲームプレーに特化したゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を日本でも発売して注目された。その後も、中国シャオミ(Xiaomi、小米科技)が出資する中国ブラックシャーク・テクノロジー(Black Shark Technology、黑鲨科技)の「Black Shark2」をTAKUMI JAPANが日本で販売するなど、ゲーミングスマートフォンの数自体が増えている。

日本でも機種が増えつつあるゲーミングスマートフォンだが、海外では急速に機種数が増加。その先駆けとなったエイスーステック・コンピューターの「ROG Phone」の後継機種である「ROG Phone 2」が海外で販売されている。写真は2019年9月7日、「IFA 2019」の同社ブースにて筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 より注目すべき動きは、一般ユーザーをターゲットにしたスマートフォンであっても、ハイエンドモデルを中心としてゲームに強いことをアピールするメーカーの増加だ。各社は、高性能なチップセットや大容量のメモリーを搭載し、高性能を要求するゲームプレーに応える性能を売りにしている。さらに、ゲームプレー時に発生する熱を抑えパフォーマンスの低下を防ぐ、ゲームプレー中に着信などの通知をオフにする、ゲームプレーの動画配信をしやすくするなど、ゲームプレーを重視した機能・性能に力を注いでいる様子がうかがえる。

 またスマートフォン本体だけでなく、周辺機器でゲームの利用を拡大しようという動きも出てきている。それを象徴しているのが、2019年9月5日に発表したソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5」である。

 Xperia 5は、2019年の夏モデルとして日本でも投入された、21:9という比率のディスプレーを採用する「Xperia 1」のコンパクトモデルというべき存在だ。横にすると広い視野を確保できることを生かし、ゲームプレーに適していることをアピールするだけでなく、新たにソニー・インタラクティブエンタテインメントのコンシューマーゲーム機「PlayStation 4」向けのコントローラー「DUALSHOCK 4」を接続し、スマートフォンでも人気のゲーム「フォートナイト」(Fortnite)をプレーできるようにしたという。

 ソニーモバイルコミュニケーションズはこれまで、DUALSHOCK 4をXperiaシリーズのスマートフォンに接続し、PlayStation 4のゲームを遠隔でプレーする「リモートプレイ」に力を入れてきた。それだけに今回の措置はある意味、同社が方針転換を図り、PlayStation 4だけでなくスマートフォンでのゲームプレーにこだわる人を重視するようになった結果と見ることができよう。

Xperia 5は、DUALSHOCK 4を接続してフォートナイトをプレーできる仕組みを提供。21:9の広いディスプレーを生かし、スマートフォンのゲームミングへの注力を強めている。写真は2019年9月5日の「IFA 2019」ソニー プレスカンファレンスより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら