KDDIは2019年8月29日、防衛医科大学校らと共同で、5G(第5世代移動通信システム)とVR(仮想現実)を活用した災害医療対応支援などの実証実験を実施したと発表した。360度カメラとVRの会議システムを活用し、災害医療やその教育に役立てるという取り組みだが、5GやVRの特性を考慮すると運用面に課題があるように見える。災害という差し迫った現場で、5Gはどこまで医療の現場で役立つのだろうか。

災害医療や教育に5Gを活用した実証実験

 2020年春の商用サービスを目前に控え、5Gに関する実証実験やプレサービスが相次いで実施されている昨今。そうした中、KDDIなどが実施したのが5GとVRを災害医療に役立てるという試みである。

 これはKDDIと防衛医科大学校、そしてVR関連のベンチャー企業であるSynamonが共同で取り組んだ実証実験だ。KDDIの5Gネットワークと360度カメラ、そしてSynamonが提供する、VRを活用したビジネス用コミュニケーションシステム「NEUTRANS」を活用したものである。

 実証実験の内容は2つある。その1つは遠隔での医療教育に関する実証実験だ。遠隔地にいると想定する複数の参加者がVR対応ヘッドマウントディスプレーを装着し、NEUTRANSによって同じVR空間に参加。爆風を模擬した衝撃波を発生させる「ブラストチューブ」という装置について、5Gのネットワークを通じて送られた360度映像を確認しながら、現場の講師とリアルタイムにディスカッションするなどして学んでいくというものになる。ちなみにブラストチューブは、国内では防衛医科大学校のみに設置されているという。

5GとVRを活用した医療教育の実証実験。離れた場所にいる参加者が、VR空間を通じてコミュニケーションを取りながら、5Gで送られた360度カメラの映像を見ながら施設の学習をするものになる。写真は2019年8月29日のKDDI・5G VRを活用した実証実験に関する説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてもう1つは、災害医療対応支援に関する実証実験である。災害時に傷病者の緊急度や症状の度合いなどに応じて優先順位を付ける「トリアージ」を、360度カメラと5G、VRを活用して遠隔地から進めるというものだ。

 具体的には、災害現場を模した部屋に360度カメラを設置し、その映像を5Gのネットワークを通じて伝送。NEUTRANSを通じて、離れた場所にいる医師や消防士が、映像と現場の救急隊員との会話などから傷病者の状態を確認し、トリアージを進めていくという内容だった。

同じく5GとVRを活用した、災害医療対応支援の実証実験。離れた場所にいる医師や消防士などが、現場の救急隊員と360度カメラの映像を通じてやりとりをしながら、トリアージを進めていくという内容だ。写真は2019年8月29日のKDDI・5G VRを活用した実証実験に関する説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら