携帯電話大手の法人ビジネスを強化する動きが拡大している。その切り札となっているのが「IoT」だ。5G(第5世代移動通信システム)時代を見据えIoTによるビジネス拡大を推し進める携帯電話事業者だが、コンシューマー向けとは異なる新たなハードルをどう乗り越えて成長に結び付けようとしているのだろうか。

法人ビジネスへの取り組みをアピールする携帯電話大手

 2019年6月末から7月にかけて、携帯電話事業者が法人向けの大規模イベントを相次いで実施している。

 KDDIは2019年6月27日に「KDDI 5G SUMMIT」を開催。代表取締役社長の高橋誠氏をはじめとした講演や展示などで、法人向けの取り組みを積極的にアピールしていた。同社が一般から参加者を募って大規模な法人向けのイベントを実施するのは初とのことで、そうした点からも同社の法人事業に対する力の入れ具合を見て取ることができる。

KDDIは初となる大規模な法人向けイベント「KDDI 5G SUMMIT」を2019年6月27日に実施。代表取締役社長の高橋誠氏が基調講演に登壇するなど、5G時代を見据え法人ビジネスを積極的に開拓する様子を見せている。写真は同イベントより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDI傘下でMVNO(仮想移動体通信事業者)のソラコムも、2019年7月2日にカンファレンスイベント「SORACOM Discovery 2019」を実施。同社が力を入れるIoT向けネットワークを主体とした法人向け事業に関する様々な新発表があった。

 さらにソフトバンクは2019年7月18日に、毎年開催している法人向けイベント「SoftBank World 2019」を開いた。それに先駆けて2019年7月2日には、同社の法人事業に関する記者向けの戦略説明会を実施。同社が法人事業の戦略を説明するのは初とのことで、こちらも従来にない動きだと言える。

ソフトバンクは「SoftBank World 2019」に先駆け、2019年7月2日に法人ビジネスの記者向け説明会を実施するなど、やはり法人ビジネスのアピールを強めている。写真は同説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら