LINE社の事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」では、長時間を割いて多岐にわたるサービスを発表。その中でも最も注目を集めたのはスコアリングサービスの「LINE Score」だ。だが、スコアリングに力を入れているのはLINE社だけではない。なぜIT大手が次々とスコアリングサービスに参入するのだろうか。

長時間の発表で注目された「LINE Score」

 国内メッセージングアプリ大手のLINE社は、およそ1年に1度、事業戦略発表会の「LINE CONFERENCE」を実施し、同社の新しい事業戦略と、LINEに関連した多くの新サービスを発表している。2019年も6月27日に「LINE CONFERENCE 2019」を開き、同社の新しい事業戦略を次々と打ち出した。

 約4時間という長丁場にわたって実施されたこのイベントでは、多岐にわたる内容が発表された。公な場でコミュニケーションができる「OpenChat」、LINEニュース上で展開する動画プロジェクト「VISION」、LINEを活用した検索サービス「LINE Search」、そしてLINE社が培ってきたAI技術を外販する「LINE BRAIN」など、ビジネスからエンターテインメントまで、例年以上に盛りだくさんの内容だったと言える。

 そうした中でも大きな注目を集めたのが「LINE Score」である。LINE社の金融事業を担うLINE Financialのグループ会社であるLINE Creditが提供する。

 LINE ScoreはAIを活用したLINE独自のスコアリングサービスで、LINE上での行動傾向データと、利用前に実施するアンケートの情報を基にスコアを算出し、そのスコアに応じてLINE社やパートナー企業が提供する様々な特典が得られるというものだ。

2019年6月27日の「LINE CONFERENCE 2019」で発表された「LINE Score」。LINE上の行動情報などからスコアを算出し、スコアに応じた優遇措置や特典などが得られる仕組みだ。写真は同イベントより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のところ、LINE Scoreが直接ユーザーに影響するものとしては決済サービス「LINE Pay」のポイント還元プログラム「マイカラー」が挙げられる。LINE Scoreでスコアの高い人は、ポイント付与率が高い「ブルー」「グリーン」などのバッジを獲得できるなどの優遇措置が得られるという。

 この他にもパートナー企業から、高級バッグのレンタルや、カーシェアサービスでの特典、映画の試写会プレゼントなど、いくつかのキャンペーンが実施されている。だが本格的なスコアの活用は、2019年夏に提供開始予定の個人向け無担保ローン「LINE Pocket Money」のサービス開始後とみられる。

 実際、LINE Scoreの算出には、LINE Creditに出資するみずほ銀行と、信販会社のオリエントコーポレーションのノウハウも加味したものとなっており、金融事業を強く意識していると分かる。またLINE Scoreの公式ブログによると、LINE Pocket Moneyの貸付利率や利用可能額は「『LINE Score』で算出されたスコアを基にユーザー一人ひとりに適した貸付利率(年率)とご利用可能額が決定されます」と記載されていることから、ローンの審査への活用がLINE Scoreの大きな狙いの1つであることは確かだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら