米グーグル(Google)はYouTubeの新サービスとして、音楽配信サービス「YouTube Music」を日本国内で提供すると発表した。その一方で同社は既存の音楽配信サービス「Google Play Music」を将来的にYouTube Musicへ統合するとしている。なぜグーグルは、YouTubeに音楽コンテンツを集約させると判断したのだろうか。

無料でも利用可能なYouTubeの音楽配信

 「Spotify」や「LINE MUSIC」などの定額制の有料音楽配信サービスが一通り出そろい、日本でも利用されるようになった。だがここにきて、新しい音楽配信サービスを発表したのがグーグルである。

 グーグルは2018年11月14日に記者発表会を実施し、新たに音楽に特化したYouTube Musicを提供すると発表したのである。YouTube Musicは音楽に加えてミュージックビデオの再生も可能で、双方をシームレスに切り替えながら楽しめるのが特徴だ。

グーグルが2018年11月14日より提供開始した「YouTube Music」。動画サービスのYouTubeや検索など同社が持つ強みを生かした音楽配信サービスになる。写真は同日に実施されたYouTube新サービス記者発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つの特徴は、グーグルの技術を生かした検索機能だ。アーティスト名や曲名だけでなく、歌詞による検索が可能であるほか、海外のアーティストなどの正確な単語が分からなくても曖昧なカタカナの読みを入力して検索できるという。「企業名 CM 曲」と検索することで、特定の企業のCMタイアップ曲などを検索することも可能だ。

 また、YouTube Musicは無料で利用できるというのも、大きなポイントと言えるだろう。Spotifyなども無料での利用は可能だが、プレイリストを再生するのみであり特定の曲を指定して聞くことはできない。だがYouTube Musicの場合、広告が入るものの、指定した曲を無料で聞くことが可能だ。

 一方で、有料の「YouTube Music Premium」も用意されており、再生時に広告が入らなくなるほか、スマートフォンアプリのバックグラウンド再生が可能になり、他のアプリを起動しているときも音楽再生ができる。楽曲をダウンロードしてオフラインで再生できる機能も有料版のみの提供となる。

 YouTubeは音楽を積極的に楽しむ10〜20代の若い世代から支持を得ているが、そうした世代は可処分所得が少なくサービスにお金を払うことへの抵抗感が非常に強い。そうしたことからグーグルは、広告収入などで無料サービスの収益基盤を構築しているYouTubeを活用し、本格的な音楽配信サービスを提供するに至ったと言えそうだ。