Q.ソフト開発会社に勤務するSEです。当社では残業代が全社員一律の定額残業手当として、本給に含まれて支給されています。しかし残業時間は20時間分しかなく、実際はそれ以上長く働いてもその分は支給されません。これはブラックな状態ではないのでしょうか。

 定額残業制の会社は「ブラック企業」と疑われることが多くあります。というのも本給に残業代を組み込むことで給与を高く見せている、もしくは長時間残業代を定額で済ませている、といった詐欺のような会社が散見されるからです。

 質問のケースは労働基準法違反で「未払い残業」に当たります。今後の会社の対応によっては、労働基準監督署に相談してみてはいかがでしょうか。

社員によって時間単価は違う

 残業代が一律の金額で支給されている場合、さらに問題が大きくなります。そもそも社員によって時間単価が違います。例えば定額残業手当が一律5万円だったとしましょう。給与額は社員によって違うので残業単価も社員ごとに違います。つまり5万円に含まれる時間数は人によって異なり、一律の残業代という運用はおかしいのです。

 会社が定額残業代を運用する場合、想定する残業時間と手当額を個人ごとに設定しなければなりません。さらに本給に含む場合は、いくらが定額残業代なのかが分かるように明示する必要があります。具体的には賃金規定や労働契約書に定額残業手当の金額と計算根拠を明示します。

定額残業手当は会社にメリットなし

 定額残業手当は会社にとってメリットはありません。会社は想定よりも短い残業時間でも定額残業手当を支払います。一方で想定の残業時間を上回った場合は超過分を別途支給する必要があります。つまり会社にとっては通常の残業手当よりも人件費が増加するのです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら