Q.IT企業で部長を務めています。ある社員がかつて反社会的勢力と付き合っていたのではないかと個人的に噂を耳にしました。入社前のことで真実は不明です。その社員は新卒採用で13年勤務していますが優秀で素行を含めて問題はありません。どう対処したらよいでしょうか。

 同様の相談を受けたことがあります。反社会的勢力との付き合いで問題になるニュースが頻繁に報道されるようになり、質問者も心配になったのでしょう。同じように不安になる会社も増えていると思います。

 今も本人や家族が反社会的勢力と関わっているという深刻な相談もありました。反社会的勢力の排除という認識が大きく広まって10年ぐらいでしょうか。今では入社時に誓約書で反社会的勢力と関わりが無いことを確認する会社が増えてきました。

13年前なら過敏に反応しなくてよい

 質問者のケースの場合、今さら入社前の噂話にまで過敏にならなくてよいのではないでしょうか。13年勤務しているということなので、当時は入社時の確認が無かったと思います。

 新卒採用であれば学生時代の噂話だと思います。噂話には尾ひれが付くものです。学生のころに単に悪ぶって不良だったときの話が大きくなったのかもしれません。13年も真面目に勤務している社員のことです。いまさら入社前の学生時代にまで言及して過敏にならなくてよいと思います。

 反社会的勢力との関わりは本来、入社時に確認しておくべきです。昔はそういった確認を行っていないと思います。中高年者層の社員は確認された記憶が無いでしょう。中高年者層の社員についても確認が必要だと考えるのなら、改めて一斉に誓約書を提出してもらう方法をお薦めします。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら