Q.ソフト開発会社に勤務しています。先日、会社から一方的に「たばこ休憩禁止」「喫煙室の撤去」を通知されました。業務中は我慢しますが、昼休みも外に行かないとたばこを吸えません。たばこは違法ではないので販売されています。個人の自由を会社が制限してよいのでしょうか。

 喫煙者にとってはつらい時代でしょう。昭和のころは自席で喫煙していたくらいです。新幹線や飛行機の中でも座席で喫煙できました。今ではご存じのように受動喫煙が問題となり、いたるところで禁煙や分煙となっています。

 2020年4月から、受動喫煙対策の強化で「改正健康増進法」が施行されます。会社にも適用され屋内禁煙となります。基準を満たす喫煙室があれば可となりますが、そこまで環境整備して喫煙を推奨する会社は少ないと思います。社長や役員が喫煙者でも、自ら我慢したほうがよいでしょう。刻々と喫煙環境は変わってきています。

喫煙室利用でも社員からクレーム

 「喫煙者はたばこ休憩をしているのに非喫煙者が休憩できないのは不公平だ」「喫煙者が戻って来ると臭くて気分が悪くなる」。筆者のもとにはこんな相談が寄せられています。

 気分が悪くなったケースでは、申し出によって該当社員の座席配置をどうするかまで検討したそうです。世間的にも禁煙が勧められています。会社も配慮しなければ批判されます。結局、臭いの少ない加熱式たばこにすることで一旦は収まったようです。しかし、根本的な解決にはなっていないでしょう。

 会社の場合、近隣からのクレームに対応する事態も生じます。筆者の顧客先での事案を含め実際に多数あります。具体的には「受動喫煙で健康を害するのに会社は近隣に配慮しないのか」「臭いが広がるので外でたばこを吸わせないでほしい」といった内容です。

 敷地内全面禁煙の会社では、社員による昼休みの公園や空き地での喫煙が常態化し、クレームで近隣住民が訪問することもあります。ある会社では昼休みの喫煙については公共の喫煙場所や喫茶店などに行くよう指導しました。

 単純に屋外で喫煙すればよいというものではなさそうです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら