Q.うつ病で休職中でしたが、少し良くなったのでリハビリ出勤することになりました。しかし、周りはあたかも病気が治ったような雰囲気で、通常の仕事が振られました。職場は多忙で早く力になりたい気持ちもあるのですが、リハビリになるのか不安です。また悪化して休職にならないか心配でなりません。

 人事・労務の立場から解説しますが、医学的な面は専門医師の指示に従ってください。そもそもリハビリ(試し)出勤とは、出社するのに問題がないかどうか、病気が再発しないかどうかの不安を払拭するために、正式な出勤前に行う治療の一環です。

 いわば、会社に通って精神的・肉体的に問題がないか否かを試してみる制度です。会社という一種のコミュニティーに身を置いて、治療の経過を観察します。復職して大丈夫なのか、再発しないかなどの不安がある場合、復職の可否を判断するために実施します。

職場では通常業務をさせてはいけない

 会社がリハビリ出勤の制度を導入する場合、理解しなければならない点がいくつかあります。例えば、リハビリ出勤の社員はあくまで復職の前段階であり、職場の上司や同僚は準備期間中だと理解することです。

 リハビリ出勤中に、現場で通常の仕事をアサインしたり、指示命令したりしてはいけません。質問者の職場では、こうした理解が欠落している恐れがあるので、人事部門に相談する必要があるかもしれません。

 ちなみにリハビリ出勤中の給与については、復職していない状態なので無給でもよいことになっています。治療を終えて医師の勤務許可を得て復職したら、有給となります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら