Q.中堅メーカーで研究職に従事する女性社員です。弊社では制服の着用が義務付けられていますが、そのクリーニング代が負担になっています。業務での使用なのでクリーニング代が支給されてよいと思うのですが、いかがでしょうか。

 微妙な問題です。筆者は制服着用を義務付けるなら、会社が適切なクリーニング代を負担すべきだと思います。現実にクリーニング代を支給している会社もあります。

 しかし、スーツを着用する他の社員が多い場合、一部の社員だけが制服を支給されたり、クリーニング代まで補助を受けたりすると、不公平だという声が上がる恐れがあります。

 確かに質問者のように、制服着用が義務付けられているのだからクリーニング代が出て当然だと思う方はいるでしょう。その考え自体は不思議ではありません。ただし、制服の着用を義務付けていても、会社がクリーニング代を負担する義務はありません。会社ごとに全体のバランスを見ながら、支給の有無、支給額などを任意で決めてよいことになっています。

 一方で、こうした不満を持つ社員が意外にいるのも事実です。会社は採用時に、制服の支給だけでなく、クリーニング代の扱いについてもきちんと説明する必要があるでしょう。

制服着用には細かいルールが必要

 会社支給の制服については、具体的な運用ルールを設けるのがよいでしょう。例えば上着やスカートなどの制服は年間支給数を決める、毎日着替えるシャツについては支給数を多くする、といった具合です。

 中には、会社と提携したクリーニング業者が就業時間中に洗濯物を引き取りに来る例もあります。この場合、シャツを含めて全額を会社が負担しているところが多いようです。会社にとっては経費増になりますが、社員にとっては会社で納品と回収が受けられるので便利です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら