Q.希望するIT企業への転職が決まり、6月末で会社を退職します。しかし、翌7月に在籍していないことを理由に賞与をもらえません。支給対象となる業績評価期間(前期)には在籍していましたし、既に面談も受けました。賞与をもらうのは社員として当然の権利だと思うのですが、会社の対応はおかしくないのでしょうか。

 賞与がある会社では、6月や7月と12月の年2回、ボーナスが支給されるのが一般的です。それぞれ上期・下期の業績評価に基づいて支給されています。

 質問者の場合、この業績評価の面談を受けており、余計に賞与をもらえないのはおかしいと思うのでしょう。できることなら賞与支給後に転職したい。そう考えるのも理解できます。

 しかし、賞与については給与と大きく違う点があります。給与は労働の対価として支給義務があることを労働基準法で定めています。会社は毎月一定期日に、全額を支給しなければなりません。

 これに対して賞与については、支給・不支給の会社があることから分かるように、支給義務がありません。会社個々で支給ルールを定めて運用していると思います。

転職前には支給ルールの確認を

 会社個々で定めている支給ルールですが、ルール化することで支給義務が発生します。この支給ルールは、就業規則に明記されています。

 質問のケースでは、最も重要で確認しておくべき項目が「在籍要件」です。これは賞与支給日の当日に在籍している社員に対して支給するといった表現で明記されています。

 まずはこの在籍要件を確認してください。明記されているのであれば、仕方がないと納得するしかありません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら