Q.SEです。当社は裁量労働制を導入しており、残業手当の代わりに裁量労働手当が支給されています。しかし、毎日残業があり、明らかに手当が少ないと感じています。上司に不満をぶつけても、会社の決まりなので仕方がないとのこと。こんな状態は許されるのでしょうか。

 SE職は長時間労働になる場合が多く、質問者のように裁量労働手当を超えて働いている人が一定人数いるかもしれません。深刻なのは、SEには往々にして「裁量」がないことでしょう。出社時刻や退社時刻は上司に決められている、いくら自分の裁量で業務を効率化しても長時間残業から抜け出せない、といった状況は珍しくありません。

 自分の努力ではどうしようもなく裁量の限度を超えている場合は、裁量労働制を外してほしいと求めることができます。逆に言えば、会社は普段から毎月のように長時間残業が続く社員をチェックし、裁量のない場合は裁量労働の枠から外すべきです。

裁量労働制はブラック企業の代名詞?

 裁量労働制は最近、ブラック企業の代名詞のようになっています。そもそも裁量労働制では、社員の裁量で仕事ができる職種や立場が決まっています。「裁量」という名が示すように、自分の裁量で仕事ができる職種や立場でなければ、裁量労働を適用できません。

 ところが実際には、裁量労働制によって残業代を抑制できると考えて、残業が多い企業が導入する傾向があります。そんな甘い考えは通用しません。導入に当たっては、労使協定の作成義務や職種制限があります。認められる職種とは、情報システムの設計や研究開発業務、デザイン業務などです。

 IT企業で注意が必要なのは、たとえSE職であってもプログラミングを担当するSEや若手社員には裁量労働制を適用できない点です。これらは裁量がある職種や立場ではないという判断です。しかし実際には、プログラマーや若手社員に違反運用している企業があるようです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら