Q.先日、自転車での通勤中に転倒し、骨折してしまいました。ところが通勤上の労災扱いになると思い、会社に相談すると「公共機関での通勤しか認めていない」と却下されました。確かに会社のルールに違反していたのは間違いないのですが、労災申請は無理なのでしょうか。

 会社は社員の安全を第一に考えて、公共機関(電車やバス)による通勤を義務づけています。当然、社員もこうしたルールを守るべきです。「自己責任」と会社から強く指導されることもあるでしょう。しかし、会社のルールに違反していても、労働災害(労災)が認められる場合があります。

 会社から「労災にならない」と言われたと質問、あるいは相談されるケースが意外に多くあります。背景にあるのは、会社の認識不足です。そもそも労災が適用されるか否かの判断は、労働基準監督署(労基署)が行うものであり、会社が行うものではありません。

 会社が労災申請の可否を判断しているのなら、改めるべきでしょう。通勤途中も業務上のケガも同様です。社員の不注意だから無理と言うような会社もあるようですが、注意の有無など関係ありません。故意に申請をしなかった場合は、労災を隠していると疑われます。

認められていない通勤手段でも労災になる

 一般に、会社は公共機関の使用を義務づけています。質問者の会社も同様でしょう。通勤が不便な地域を除けば、自動車やバイク、自転車での通勤を制限している会社が少なくありません。都会では電車やバスなどの交通手段があります。社員の安全面を考慮すれば、公共機関の利用がベストだと筆者も思います。

 しかし、会社が認めていない通勤手段でも、通勤経路が合理的で許容範囲であるなら、通勤災害として認められるケースが多々あります。会社のルールに関係なく、通勤経路の妥当性で判断されるからです。よって、質問者も手続きを行ってほしいと会社に申し出てください。それでも駄目なら、自分で直接手続きすることも可能です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら