Q.退職の報告を会社にすると、秘密保持と競業避止の誓約書を提出するよう指示されました。しかし秘密保持はまだしも、同業他社への転職を禁止する競業避止には納得できません。私はSEなので、今と同じIT業界への転職を希望しているからです。それでもサインしなければ退職できないのでしょうか。

 円満に退職したいのなら、会社のルールに従って書いたほうがよいでしょう。しかし、納得できないなら書かなくても問題ありません。なぜなら、会社は退職を拒否できないからです。

 会社が誓約書の提出を求めるのは、秘密保持や競業避止のためです。昔からある慣習的な運用であり、「念のため」という意味で書かせる会社も多いようです。就業中に知り得た重要な秘密を漏らしたり、重要でなくても会社への誹謗・中傷をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで拡散したりするのを防ぐ狙いがあります。

誓約書を提出しないと退職できないのか

 特に技術職や研究職の場合、製品開発などの重要な秘密情報を知り得る機会が多いので、誓約書を求める企業が確かにあります。これに対して競業避止は、同業種の起業や、競合他社への転職を禁止するものです。

 しかし、憲法によって職業選択の自由や営業の自由が認められています。会社が誓約書を書かせたところで、一般に退職後まで及ぶ効力はありません。特別な事情がない限り、無効になるでしょう。実際、転職は自分が持っているスキルやノウハウを武器にして行うものです。IT業界の場合、同じ業種、競合他社への転職がもちろんあるでしょう。それを禁止する会社は世間的に見て現実的ではありません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら